べっくす

imag063.exblog.jp ブログトップ

はじめまして!! 

b0219292_1911034.jpg


はじめまして!!
チャーリーズベジタブルのべっくすです!!

通称『べっくす』ですが、別宮 敬志 (べっく たかし)といいます。

これから、このアイマグでブログを書かせていただく事となりました。

本当に素敵な方々ばかりで、緊張しちゃいますが、
どうぞよろしくお願いいたします!!



さてさて、いきなりですが、

今日はチャリベジから少しまじめなお話です。




b0219292_19392610.jpg


東日本大震災 被災者支援活動
「美味しいぞ!東北野菜 ~食べて支える私たち~」



先日のテレビや新聞などで見ていただいた方もいらっしゃるかと思いますが、
チャリベジでは、先の震災からちょうど1ヶ月経った、4月11日から、東北の生産者の方々を応援する活動をスタートしました。


この度の震災、および原発事故を受け、東北産農産物の買い控えが広がる中、風評被害に苦しむ東北の生産者を支援するため、安全性が検証された東北産の野菜を使った料理を各協力店舗とともに、メニューに加え安全性を広くアピールし、また、東北産の野菜をお客様に直接購入してもらうことで、風評被害に苦しむ被災地の生産者の支援につなげようというものです。

 

 現在、この活動の参加店舗は、「チャーリーズベジタブル」をはじめ、大人気のフレンチレストラン「アシェットブラン」さん、ご存じ大人気のケーキ屋さん「ラ・ブランシュ」さん、チャリベジの愛知三河安城店「野菜がおいしいごはん」と、同店がある、愛知県安城市の安水建設が運営する商業施設、暮らしのお店内のパン販売店「しあわせをはこぶパン」です。


チャリベジにおいては、お馴染みのビュッフェに東北産野菜のコーナーを設け、東北産野菜を使ったメニューを出すとともに、店頭にて、東北産野菜の販売も行います。

取り扱う東北野菜は、放射線検査をクリアした農産物で、検査報告書も提示していますが、今まで通り、地元愛媛の野菜もあり、お客様には、どちらかを選んで頂く事ができます。
検査をクリアしたものだけれど、気になる方は従来通り県内産のお野菜を。
この活動に賛同していただける方には、東北産の野菜や、果物を食べていただけます。

なお、販売した野菜の売上は、生産者の方々に寄付され、風評被害に遭っている生産者への支援につかわれます。


4月11日(月)には、チャーリーズベジタブルの駐車場にて、東北の生産者にかわって、松山市内の野菜ソムリエが野菜の安全性をアピールし、また、おいしい食べ方などを直接対話しながら販売を行い、大きな反響を頂きました。ありがとうございました。
12日以降は、チャリベジ店内にて、東北野菜の販売を行っております。


チャリベジからスタートしたこの活動に、今後賛同してくれる、お店や企業が増える事で、たくさんの消費者の方に、東北の安全な農産物に目をむけてもらえたらな、とチャリベジは考えています。

おいしい東北野菜を食べて、被災地の農家さんを応援しましょう!!
[PR]
by imag0630 | 2011-04-14 20:47